飲食店経営のことは税理士に相談しよう|税務の悩みを無にする

税務調査に備える

正面を見る男性

飲食店には突然税務調査が入ることがあります。突然の税務調査に戸惑う前にまずは経営の見直しをしておきましょう。岐阜県では、飲食店に税務調査が入る際は事前に報告することなく急に訪れます。事前に報告すると不正を隠される恐れがあるため、そのようなことがないように内緒で行く場合が多いのです。このような突然の調査を「現状調査」といいます。現金商売でもある飲食店では証拠を隠すことができるので、そのようなことがないように抜き打ちで行ないます。現状調査に戸惑う前に疑わしいものは日頃から対処しておきましょう。岐阜県にある税理士事務所では、そういったことも相談に乗ってもらうことができます。現状調査が入る前に税理士に見てもらうことでどのような点が指摘されるのか指示してもらうことができます。そのため、不安がある人は、税理士事務所に相談すると適切です。

食材の仕入れ額と売りあげ額が適していない場合、税務調査の際に指摘される可能性があります。不正に仕入れを行なっていないか、売りあげ額を誤魔化していないかなどの問題が挙げられるため、指摘される可能性があるのです。また、伝票を連番通りに使用していないと不正に隠しているのではないのかと疑われてしまうため、なるべくは連番通りに使用しましょう。さらに、複写式ではない領収書を使用している人も注意が必要です。複写式ではない領収書だと、お客さんがもっている領収書とお店で控えている領収書が異なる可能性が考えられるためすぐに複写式に変える必要があります。その他にも、まかないをスタッフに提供する際も細かく精算しておくと適切です。岐阜県で飲食店を経営している人は、これらのことに気をつけ経営を行ないましょう。